アダルトまとめ 風俗・エロニュース

精子の量を増やしたい方必見!!!

受精している精子

睾丸で作られた精子は、副睾丸に運ばれて10日~20日間蓄えられます。
この間に精子は成熟して、全身運動をする事で精子を獲得します。
そうして、副睾丸から精管と言われる管を通って
精嚢から分泌される精嚢液によって成熟し
前立腺から分泌される精漿と混ざって精液が作られます。
また、一回の射精で放出される精液は1~4億匹と言われています。
そんな精子ですが、男性を悩ましている事があり
それは精液の量です。
セックスや妊娠を目的とする行為で膣内に射精しますが
精液の量が不十分で妊娠しないという悩みが非常に多いです。
そんな男性の方にお勧めする精子の量を増やす方法を説明しますので参考にしてください。

精子についての知識

【精液量をドバドバ増やす方法】
精液の材料となるのは主に「タンパク質」です。
そのタンパク質を精子へと合成してくれる成分が「亜鉛」で
簡単に説明すると「タンパク質=材料」「亜鉛=料理人」といったイメージです。
また、タンパク質を多くとっても亜鉛が少なければ
精子をの量は自然と少なくなります。
逆に亜鉛を取り過ぎてもタンパク質が少なければ
精子の量も増えません。
そのため、亜鉛の一日の摂取量としては「15mg」が適切量と言われています。
【精液を溜めすぎてはダメ!】
睾丸で作られた精液は「精巣上体」というタンクに蓄えられ
このタンクに溜まった精液が精管を通って射精まで至ります。
しかし、この精液は3日で満タンになるので
3日溜めた状態で一気に放出すると射精料は増えまうす。
しかし、1日に数回射精をしていると満タンになる前に発散されてしまうため
射精量が少ない事があります。
【筋トレで精子の量を増やそう】
精液の量を増やす方法として一番オススメなのが「スクワット」です。
AV男優のシミケンさんもスクワットをする事をオススメしており
スクワットをする事で大腿四頭筋が鍛えられ
男性ホルモンが多く出るようになります。
【まとめ】
精子の量と言うのはちょっとした事で簡単に増え
食を気を付ける事で満足のいく射精を行えますので
今回説明した事を実践してください。